格安でも結婚式ができる|今人気のウェディングスタイル

結婚式の演出

フィルムとカメラ

「プロフィールムービー」は、結婚式を盛り上げるための大切な演出です。流す時間は来場するゲストを退屈させないように、10分くらいに抑えましょう。また、見積り時きちんと対応してくれる業者を選ぶことも重要です。

もっと見る

安くゴージャスにする

花

大幅にコストを抑える

結婚式の費用はトータルで250万円から300万円と言われています。お祝い金をもらったとしても元が取れるような費用ではありません。フリルやレースがたくさんついたウェディングドレスに身を包むのが夢、ケーキは10段重ねにしたいなど理想をあげたらきりがありません。最近は高いと言われていた結婚式の費用を格安に済ませる人も増えているようです。格安にするポイントはいくつかありますが、最も手っ取り早いのはこだわるところをゴージャスにして、そこまでこだわっていない部分を安く抑えることです。ただ、演出があまりにも貧乏臭いとゲストが引いてしまうこともあります。ウェディングドレスのレンタル料金を奮発して会場のデコレーション費用を安く済ませるというように、削減していけば大幅なコストダウンが可能です。

会場を彩る

格安結婚式で大事なことは、安く見えないプランを立てることです。会場プランをプロのコーディネーターにオーダーするとリッチで洗練された印象になりますが、どうしても高額な費用が発生します。少しでも安くしたい場合、自分のできる範囲で手作りするのも良い案です。工夫次第で、安く見えない格安結婚式が叶います。席札やフルコースのメニュー、ウェルカムボードを手作りにするだけでも費用はかなり安くなります。そしてもうひとつ、結婚式の費用で大きいのが会場に飾るお花で、生花だと30万円から50万円くらいかかってしまうこともあります。造花なら5万円から10万円で生花の10分の1くらいです。つくりものには見えないくらいリアルなものもあり、会場を華やかに彩ってくれます。

ヘアメイクの専門サービス

婦人

ブライダルヘアメイクは、現在専門のサービスに依頼するという方法があります。専門サービスを利用すると、定額料金で必要なサポートが受けられます。ブライダルヘアメイクの専門サービスは、親身に挙式をサポートする姿勢が好評を得ています。

もっと見る

どんなメリットがあるか

レディ

結婚式の二次会を行う時に幹事代行サービスに依頼するとどのようなメリットがあるでしょうか。二次会の準備や運営のプロなので安心感もありますし、友人に幹事をお願いすると少し申し訳なく思ってしまうことがあります。代行サービスならそのように思わなくても、ゲスト全員が楽しめるようになります。

もっと見る